ビッグスクーターで楽しむ剣山スーパー林道ロマンチック街道
2010年9月12日

前夜祭

9月11日(土)
広島からnojyuku隊長と広島柿さんが美濃田キャンプ場をベースキャンプにしスーパー林道に行かれるので朝食持って慰問に行きます。


おかんにお願いしておにぎりとおかずを作って貰い持って行きます。
nojyukuさんは深夜に到着しトランスポーターの中で寝てたそうです。
広島柿さんは1ボックスカーのノアにスーパーシェルパを積んだまま四国内を仕事で回り
早朝に徳島市内のホテルから駆けつけたので服装はビジネススタイルのままでした。
おとんが出勤する8時頃まで楽しいバイク談義で過ごします。
夜、もう一度何かを持って遊びに来る事を約束しおとんは出勤しました。

その夜

19時過ぎにおかんや良さんとキャンプ場に行くとnojyukuさん・柿さんはまだ帰って来てませんでしたが
何と!今日は来れないはずの広島組がデリカに乗って現れました。
飛べない豚さん・アキさん・TT-Rさん 参上!
ビックリするとともに嬉しかったです。
20時頃にはスーパー林道を走られたお二人も無事帰って来られ温泉に浸かった後宴会開始です。(おとん達は先に飲んでましたが)
お二人は休憩も含め12時間近く走り回ってたのですがその理由は翌日自分で走って良く分かりました・・・

豚さん達3人は四国上陸後ひばり食堂に走りカツ丼を食べたそうです。

飛べない豚さん・・・大盛り「もう目一杯・・・」
TT-Rさん・・・大盛り「まだラーメン位ならいけるよ・・・」
アキさん・・・小「丁度ええ!美味しかった」

アキさん・TT-Rさん・豚さんからはお土産に広島名菓のバターケーキを頂きその上、
焼酎好きのおとんへと豚さんは幻?の焼酎まで持って来てくれました。
本当に感謝です。

おとんの脳内メモリー容量不足で名前を忘れてしまったのですが
酒のつまみにと持って来て頂いた馬肉とホルモンの干物?は美味しかったです。
ビーフジャーキーの様な味で焼酎やビールに合い、ちょっと癖になりそうです。

酒を飲んだくれてるのはおとんとおかんにアキさんだけですが・・・おっとnojyukuさんも少々!
 
ローソクの炎を眺めながらの楽しい会話・・・

ワイワイと楽しい時間を過ごし日付が変わった頃解散!
豚さんのデリカで良さんやおとんの家まで送って頂き、日曜日に用事が有る3人はそのまま広島まで帰って行きました。
風の様に現れ、風の様に去っていく・・・
楽しい方々です!今度は一緒に走りましょう!!!

朝食会

4時頃豚さんから無事広島に帰ったとの書き込みが有りました。
おかんはその頃起きて天婦羅を作り始めます。
何時もながらに申し訳ない!感謝してます。


7時に出来上がった天婦羅を持ってキャンプ場に駆けつけます。
四国中央市からフォルツァで参戦のまっさんが早速味見です。

まん中が「若鮎の唐揚げ」奥が「下味付けたタケノコの天婦羅」どちらも好評でした。

こちらは手前が「ひょうたんみたいな南瓜の天婦羅」中は「オクラの天婦羅」です。
南瓜の天婦羅も美味しかったのですがオクラを柿さんが「美味しい、美味しい」と言って食べてくれます。
おとんはこの夏も毎日、毎日大量?に育ってくるオクラに参ってました。「もう〜飽きた!」皆さん食べてね!

良さんも今日はクラシックスタイルです。

お〜尾道からしんさんがサプライズ参戦!
今回は宇高フェリーを利用したそうです。
おとんの「スーパー林道はビックスクーターでも大丈夫!」の言葉を本当に信じて来たんやぁ〜
嬉しいです。

良さんが得意の炊き込みご飯のおにぎりを作ってくれてます。
ありがとう!美味しかったです。

楽しい朝食会!
八幡浜市からのparidakaさんは一晩中走り早朝に到着。タフです。
昨日S林走ったお二人から通行止め情報や路面の状況を聞いて今日のツーの参考に・・・
nojyuku隊長に「今日も一緒に走らない?」とお誘いすると「嫌じゃ!わしゃもう帰る!」とのお言葉が・・・後でその意味が十分理解できました。
「饅頭怖い」のお話には多いに笑わせて頂きました。

大岡さんがゴリラとともに・・・ゴリラは今日、野生に戻れます。
昨夜は近所の方との飲み会で前夜祭に参加できませんでしたが豚さん達がお店に寄ったそうでした。

おとんは遊びに行くのでウキウキ・・・
おかんはせっせと後片付け・・・
そうです。我が家は「亭主淡白」です。あっ間違いました亭主関白です。
嘘です。おかんが怒ったら怖いです。おっさんライダージュニアがビビらされた様にめっちゃ怖いです!
それも嘘です。本当は天使か女神の様に優しいです。
・・・さて、本当のおかんの正体は?????



何時も感謝しております。

土須峠


いきなり土須峠!
途中で給油やお弁当の買い物は有りましたが・・・
来る途中でおとんの携帯電話に吉丸さんからメールが届いてましたが走行中で見れてません。
だいぶ前にスーパー林道起点に到着されていたようです。
約束の11時には行けそうですがしばらく待ってもらう返事を送信しました。

少し遅れてしんさん到着。
四国の山道・細道・クネクネ道に「わし、もう心が折れそう!」
もしもし、しんさん、まだS林走って無いですよ!

剣山スーパー林道
基本はフラットダートですが坂道は四輪・二輪が掘り返すので結構深いガレ場になってます。

山の中腹に集落が点在する四国の風景です。
雲が綺麗!

しんさん、目に力が無いです。

丁度舗装道路に出た三差路で良さん達オフ車組に吉丸さんを迎えに行ってもらいペースが遅いスクーター組は此処で待ちます。
おとんは写真を写し時間をつぶします。



しんさん、エスケープ出来る道が無いか地図を見ながら「ここはどの辺?」と聞いてきます。
ちょっと持ってる地図が広域過ぎて位置がはっきりしません。

ここでまっさんが携帯電話の電波状況を確認する為、おとんの携帯を鳴らすのですが出たのは違う人・・・あれ???
後で分かったのですが宇和キャンプ場で配ったおとんの名刺に記載の番号が間違っていたようです。
まっさん、ありがとう!気が付いて良かった!!

吉丸さん達を待ってるとマウンテンバイクの集団が通過していきます。
おとんは下りのガレ場でこの方々にぶち抜かれました。
早いなぁ〜

「わぁ走ってる!」・・・考えられません!

良さん達が吉丸さんを案内して戻って来ました。
吉丸さん長くお待たせしてすみません。
(でも約束の集合時間には遅れていませんが)

大岡さんは何時も楽しそうにゴリラに乗っています。

国道193号まで戻りました。
下りのガレ場でマウンテンバイクにぶち抜かれたおとんも流石に登りでは650CC・50馬力のエンジンを積んでるので亀の様に走っても自転車は抜けます。
重いスカブーで下りのガレ場は速度が出てると底打ちするし、低速で走るとクラッチが切れて空走しエンブレが効きません。
アクセルを煽りながらブレーキを掛けるとスリップ!ATスクーターの宿命ですな!
皆さんは気持ちの良い汗を流し、おとんとしんさんは嫌な汗・・・一杯かきました。

ランの方も来ました。早いです!
少しお話しましたが下界が蒸し暑くて山の上を走ってるそうで「トレイルランニング」の大会にも出てるそうです。
スーパー林道を色々な方が楽しんでいるのですね!
もちろん定番の改造ジムニーには何台も出会います。

しんさんもええ根性してます。頑張ってください。

「ファガスの森・高城」に到着

ブナの森と青空・・・空気が旨く感じます。

「徳島のへそ」で昼食にします。

途中で吉丸さんがスリップダウンした様ですがダメージは軽微・・・記録魔のまっさんが追いついた時にはもう起していたそうです。
決定的瞬間を撮り逃がして残念!
曲がったプレートはいつの間にか直していました。

ダメージは有りません・・・元気です。
各自持参の弁当を食べます。

おとんは楽しみのノンアルコール飲料を飲みます。
揺られて、揺られて、揺り回されて・・・ビールにまで熟成してました?

食後は何時もの記念撮影
良さん間に合いませんでした。大岡さんが隠れています。

今度は成功!
しんさん、恥ずかしがって銀翼に隠れてしまいました。
帰ってこの写真を見たおかんが「わぁ〜雲が近い!」
・・・まぁそんな事は無いのですが、気持ちの良い場所です。

赤とんぼが舞い秋の気配を少し感じます。



良さん撮影


林道最高!





余裕が無いスクーター組

余裕のオフロード組

一寸お疲れのゴリラの飼い主

心優しいまっさんは「心が折れ掛けてる」しんさんを励ましております。

秋空に飛び交う赤とんぼ
林道が良く似合うビックスクーター!
おとんの「スーパー林道はスクーターでも大丈夫」の言葉に参加して頂いたしんさん、まっさんに感謝です。
でも、こんな機会で無いとスクーターで剣山スーパー林道は走らないでしょ!
もう二度とスクーターで走る事は無いと思いますので、「良い思い出」と思ってください。
おとんは以前、独りで雨降りのスーパー林道を楽しみました。・・・変態です。

吉丸さんから「しんさん、もう引き返せんよ。進むしか方法無いから」とここでも励まされています。
進むも地獄!戻るも地獄!同じ地獄なら前進しますか!

以前、独りで走った時は景色の良い場所で止まり写真を写したのですが
今日はOFF車組がカッ飛んで行くので待たしたら悪いと思い写真を撮ったのは此処だけです。

はるか遠くをまっさんが快走しています。
まん中の赤い点です。



paridakaさんがスリップダウン!
ちょっとだけ心が折れ掛けています。

凹んだタンクが痛々しい・・・
体は無事の様です。
 


12月から冬期閉鎖になるので来年の春まで全線走破は出来ない様です。

しんさんとparidakaさんは此処で待ってもらい通行止め地点まで行ってみます。

大人の集団なのでゲート突破はしません。

各自終点を楽しんでます。
 
トリカブトの花です。
以前地元新聞に「剣山山頂の貴重な高山植物が鹿の食害で全滅し毒性が強く鹿が食べないトリカブトだけが残ってる」
の記事を読みましたが自分の目で見て納得です。
トリカブト・・・大昔、トリカブトの毒を精製して愛妻に服用し保険金殺人と世間を騒がせたおっさんがいましたなぁ〜
おとんもスカブーのトランクに入れて帰ろうか・・・・・・・

まっさん、下回り大丈夫?

吉丸さんがまっさんのヘルメットを写しています。

高の瀬峡に行けるのは何時の事やら・・・

帰路


林道を出て舗装道路を走ると気持ちの良い事!
クネクネ道も「おぉ〜グリップしとる」
先頭を走る良さんが飛ばすので綺麗な渓谷の写真は写せませんでしたが素晴らしい景色です。





大轟の滝

毎度の風景



大釜の滝

お別れ

国道193号から国道192号に出る交差点で吉丸さんとお別れです。徳島市内から南海フェリーで和歌山に帰ります。
また遊びましょう!徳島組も紀州攻略を検討するかな?


穴吹町(旧名)で給油
ここでしんさんとお別れします。宇高フェリー経由で尾道まで帰られるそうです。
しんさん今日はハードな林道にお付き合い頂きありがとうございます。楽しかったです。
これに懲りずにまた遊んでください。

道の駅「三野」で休憩。S林走行の思い出話で盛り上がります?
paridakaさんはこれから4時間かけて八幡浜市まで帰ります。昨夜からもう24時間走りっぱなし?
風貌通りのタフな方です。
まっさんは後1時間で四国中央市かな
皆さん次はどこに行きます?・・・楽しく遊びましょう。

夜、paridakaさんの前を走って気が付いたのですがライトの明るい事!
これならナイトランも大丈夫・・・「♪24時間戦えますか♪ファイト!!」
まっさんのフォルツァも無事帰還。ギャップを飛んで走ってました!

良さんの一生物・名車XLのリヤタイヤはパンクしてるそうです。

そしておとんの愛車スカブー  重いのにようこかさなんだなぁ〜
林道走ってる時はOFFバイクが欲しい気持にもなりましたが2〜3日経ってツーレポを書いてる今は
「スカブーって本当にええバイクやなぁ〜剣山スーパー林道なんて3〜4年に一度走りゃええ事やし」
帰りの細道・山道・クネクネ道もガンガン走れるし荷物一杯積んでおかんとタンデムで高速道路を何処までも行けるし・・・
おとんにとって最高の旅バイクです!
十万キロ走行までもう少し・・・頑張ってね!
スカブー「十万キロで捨てるんかい!」
おとん「・・・う〜ん、もうちょっと乗るかな???」

19時20分無事帰宅
総走行距離254km
結構疲れて、昨日走ったnojyukuさん達の帰りが遅かったのも2日連チャンは嫌じゃと言ったのも理由が良く分かりました。