秋のキャンプツーリング 鳥取・岡山行き
07.10.20〜21
 楽しみにしていたキャンプツーリング。集合は朝早く6時30分ですがおかんが化粧に手間取り時間ぎりぎりでの出発でした。
 集合場所には良ちゃんは到着していました。(さすがいつも早いですね!)
 今日は総勢6台、7名が集合。軽くルートと予定を確認します。カワサキD-TRACKERとホンダXR250 Motardはピカピカの新車!  大岡さんのブロスは荷物のパッキングが一番すっきりしていて何事もスマートです。
 ルートはR32で高松へ入り、フェリーで玉野市に渡りますがフェリーにはタイミング良く乗船する事が出来後々の予定に余裕ができました。
 宇野港からR30〜岡山市〜R53〜津山市と走ります。今回のルート立案は私なので先導しましたが最初はみんなのペースが分からず、すり抜けする事もなく超安全運転で走りました。(今回は最後まですり抜けや無理な追い越しは無くおかんも安心して乗って居れたとの事)
 このルートで毎回利用している道の駅「くめなん」で最初の休憩。 後から付いてきた白黒パンダもパチリ!
津山市・院庄〜R179〜奥津町・上斎原村と快走し鳥取県に入った人形峠のトンネルでD−TRACKERがガス予備に!!燃料タンクが小さいので巡航距離が短いですね!!
 昼食は道の駅「三朝・楽市楽座」で食べます。
 おとんは「田舎定食」700円也。美味しかった!  おかんは店のお勧め「牛丼」800円也。肉が少なくほとんど玉ねぎばかりだったとの事。(すき家のメガ牛丼見習いなさい?)
 本日の目的地三朝の「三徳山三仏寺・投入堂」の登り口です。この時はおかんも元気でした。
入口で入山料400円を支払い少し登った所で志納金200円で襷を受け取ります。何度も靴の裏を確認されましたが登り始めてその意味をしっかり理解しました。・・・道が険しい!!
 登山道は参拝客で大渋滞。待ちながらユックリゆっくり登ります。
 木の根をよじ登ったり岩場やロープ・鎖に頼っての急坂な登山に心臓パクパクです。下ってくる人とのすれ違い待ちなどでの渋滞で適度に休憩できますがこれがスムーズに登れたら・・・・死ぬ!!
 おかんが遅れ気味なので皆には先に行ってもらいおかんのペースで休みながら登るのだが相当体調が悪いらしく限界の様なので「ここで引き返し!先行くよ!!」・・・見捨てます。  
ヘロヘロになりながら鐘楼堂で鐘を一突き!!
この鐘どない持ち上げたの?
観音堂はお堂の裏側を通り抜けるのですが明るい所から急に暗い所へ入る為一瞬真っ暗になり足元が全く見えないまま通過します。
先に行ってもらったみんなは見学を終えて下るところでした。
苦労して登って来た甲斐がありました。ネットなどで写真は見ていましたが実際に見ると感動です。左上の崖下に写っている丸い物はスズメバチの巣です。
どんなにして建てたのか?
やっぱり投げ入れたの?
人々の信仰心の凄さには感動します。

以前、NHKの特集を見て是非来てみたかった場所です。放送では建築当初は朱色に塗られてたとの事。
下りも登ってくる参拝者と道を譲りながら急坂を転げ落ちます?

岩場の牛の背・馬の背あたりで見捨ててきたおかんに遭遇!ここまでで引き返させます。

入口で登山に向いていない靴を履いていた人はわらじで登らされますが、わらじを穿いていた人に感想を聞くと木の根や石の上は足の裏が痛いそうです。その人は足の指に青あざを作っていました。この険しい道を素足にわらじはきついと思う。
高所恐怖症のおかんは文殊堂横の鎖場を登れた事を自慢するので写真を写してやりました。(爺さん婆さんや小さな子供達が元気に登ってるのにネ!)
疲れてるが満足そう!
(一人だけ不満足?)
 今回のキャンプ場は「いこいの浜北条オートキャンプ場」です。テントサイトの使用料は6台7名で合計3600円でした。(風の強い日でしたが松林の中なので何とかなりました。)

 先客はハーレー乗りでソロキャンプしています。

 テント設営後はスーパーで食材の買い出しと東郷湖畔「ハワイゆ〜たうん」で温泉に入り冷えた体を温めます。(入浴料割引券使用で1名300円)
 夕食は良ちゃんと私が中華鍋を積んできたので「キムチ鍋」と「寄せ鍋」にしました。みんなでワイワイガヤガヤと野菜を切り肉を放り込みます。ここの炊事場はデッカイガスコンロが使えます。
 いつも家で食べ飽きている鍋もキャンプ場で食べると「旨い!!・・・ごっつい旨い!!!」買ってきたビールは瞬くまま飲み干し焼酎と良ちゃんが持って来た泡盛をやっつけます。鍋パーテーの写真は飲んだくれていたので写していません。良ちゃんが撮影していたので彼のツーレポに載るでしょう。

本日の走行距離262km

 みんなの話では夜中、車や波の音で目が覚めたようですがわたしゃアルコールのおかげでぐっすり熟睡です。
 朝食は昨日の残り物の雑炊を立ち食いですがこれも美味しい!

 朝早くから動き回っていたので7時30分に出発できました。
キャンプ場横の北条砂丘で記念撮影。風が強く大型扇風機はしっかり仕事してました!
良ちゃんの案内で「コナン大橋」に寄ります。作者の出身地かな?
この後
R9〜東伯町〜県道44号〜地蔵峠と快走
早朝なので四輪が少なく気分良く走れます。
地蔵峠の展望台から大山を望みます。 反対側には大型扇風機が乱立しています。
 この駐車場で息子さんのスズキに電気系統のトラブル!でもプロのバイク屋さん。針金を使ってさっさと直してしまいました。さすが!
大山環状道路〜蒜山高原と走りましたが今度は大岡さんのブロスのリヤブレーキのボルトが折れて大変な状態に!!・・・でも、ここでもプロの技術力を発揮し短時間で修理してしまいました。おとんならJAFかレッドバロンにレスキューを頼まなければどうしようも無い故障なのに!!
 プロと一緒のツーリングは心強いですネ。
 蒜山高原ではみなさんお土産の買い物に!
お土産好きのおかんも色々買って宅配便で送ってもらいます。(スカブーは二人分のキャンプ用品満載でとても積めません)


 R482〜R313〜勝山町〜R181〜県道32号〜大佐町と走るのですが山道でD−TRACKERがガス予備になり小さなスタンドは全部日曜休業で閉まっていて中々給油出来ません。やっとこさ大佐町で開いてるスタンドを見つけてギリギリセーフ!!

 昼食は大佐サービスエリアへ一般道の裏口から進入してレストランで食べましたが高速道路のSAなのでゆっくり休憩が出来ます。
おとんは「麦とろ定食」美味しいです。 おかんは「ラーメンセット」ボリュームたっぷり!
新見市から成羽町「吹屋 ふるさと村」へ行きます。
ベンガラの町並を歩きます。 渋い郵便局
いつも笑いが絶えない愉快な人たちです。
帰りは総社ICから高速道で楽々走行。

鴻池SAで買ったお土産を無理やりパッキングしています。ツーリングに気持ち良く行かしてもらうには家族へのお土産は欠かせません!!

坂出ICで降り国道沿いのうどん屋で食事(大岡さんの奢りです。御馳走様)

17時30分前日の集合場所にて無事解散!

総走行距離580kmの楽しいキャンプツーリングでした。
 先日娘と行った東大寺の大仏や法隆寺の国宝は素晴らしかったが「国宝・投入堂」も素晴らしい!しばらくは訪れる事も無いと思うが何年か先で登りの苦しさを忘れてしまった頃行くかな?今度はおかんも体調を整えて。
 おかんがお土産に買ったヨーグルトです。
このヨーグルトは美味しい。元々ヨーグルト嫌いの私が美味しく食べれました。おかんの実家の子供達にも好評でした。
 機会があればまた買いたいお土産です。
 このバター飴は普通です。

 写真は無いですが私が選んだ「おかやま黒豚ベーコン」は旨い!!スーパーで売ってる物と同じ味ならどうしようと心配したが旨い!特に脂身が美味しい!!少し厚目に切って焼くと素晴らしくささやかな贅沢です。

ツーリングレポートに戻る